タイトル:膝ベーシック 

 

サブタイトル:局所的アプローチと他関節との関連性 

 

氏名:武田 純一(たけだ じゅんいち)

 

資格:理学療法士

 

所属:なかじま整形外科・小児科クリニック

 

 内容:膝関節は足関節と股関節の中間に位置することから、両関節からの影響を非常に受けやすいと言えます。そのため、膝の治療を考える際には運動連鎖的な視点は欠かせません。膝ベーシックでは膝に対して影響を及ぼしやすい足関節と股関節との関係性について述べるとともに、膝自体の問題から生じる関節可動域制限や痛みなどを解決する局所的アプローチについて解説いたします。

 

活動Flow→creation. (キネシオテーピング関連研究活動)

    N Rehabilitation Labo(勉強会の企画運営、足立区内にて一般の方々に対する

    ヘルスケアサポート事業の企画運営)     

          Football Groove(サッカーに関する身体機能の追求、サッカーを科学的に検討)

 

略歴:

 平成15年 埼玉県立 春日部東高校 卒業

 平成19年 東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科 

       理学療法学専攻卒業

       医療法人創進会 みつわ台総合病院 入職

 平成25年 なかじま整形外科・小児科クリニック 入職

          勉強会団体「N Rehabilitation Labo」を開設

            キネシオテーピング研究会 「Flow→creation.」設立メンバーとなる

 平成28年 N Rehabilitation Labo を足立区の任意団体として登録し、足立区から助成金を受給、足立こどもとおとなの健康サポート事業」を実施

 足立区社会福祉協議会協力の元 「痛みの新しい考え方講座」を開催

 Football Grooveのメンバーとなる。